ホーム > ショッピング > 市販で売られている紙タイプの家計簿

市販で売られている紙タイプの家計簿

市販で売られている紙タイプの家計簿。特に日々の費用をあらかじめ袋に分けて節約するといったタイプのもので、家計簿自体に封筒タイプの袋が5枚ほどついているもの。初めに小袋に分けてその中で使っていくことで節約になるというタイプのもの。 給料後にあらかじめどれだけの金額をどの分野に割り当てることで支出を抑えられるのではないかと考えたため。 給料後に小袋に分けることでどれだけの費用を何に使えるかが明確になり良いかもしれないと思いましたが、所詮普段使う財布は一つ。そうなると一体いくらその費用に使ったかが見えなくなっていき、小袋に分けた意味が全くなくなってしまいました。家計簿自体に関しても日々の支出は判ってもカードでの支払いなどが入ってくると結局一体いくら使っているのかがあいまいになってしまいます。カードでの支払いは使用日とイコールではなく、翌月に支払いが回ってくるというのも家計簿には記入しにくく感じました。 節約術

関連記事

  1. 最近改めて「子どもの成長は早い」と感じている私

    我が家には保育園児の息子がいるのですが、最近「成長って本当に早い。」と改めて実感...

  2. 市販で売られている紙タイプの家計簿

    市販で売られている紙タイプの家計簿。特に日々の費用をあらかじめ袋に分けて節約する...

  3. テスト

    テスト記事です。...