ホーム > ニキビ > ニキビのできる理由はイロイロ

ニキビのできる理由はイロイロ

ニキビは「青春のシンボル」といわれるように10歳代後半くらいに多くの若者が経験しますが、20歳を過ぎて成人してもニキビができて悩んでいる人も多くいらっしゃいます。

そんなニキビは、10歳代にできるものを思春期ニキビ、成人してからできるものを大人ニキビと呼んでいます。

そして、それぞれのニキビができる理由はイロイロで、できる場所によっても理由は違います。

おでこにできるニキビは思春期に多いのですが、できる理由は思春期によるホルモンバランスの乱れなどで皮脂が過剰に分泌されることが原因です。

また、前髪がおでこにかかることで髪の毛の汚れが理由でできる場合もあります。

あごニキビは大人ニキビにできることが多く、男性ホルモンの影響が強いと言われています。

ですので、男性ホルモンが活発に働いている時、あごニキビができやすいということです。

また、あごニキビができる理由として、ストレスや胃腸の調子の悪さが挙げられ、そして、あごをよく触るクセがある人は、刺激や手の汚れが原因でできることがあります。

ニキビのできやすい人は、顔を手で触らないように注意しなければなりません。

次に、鼻にできるニキビです。

鼻は顔の中ではニキビができにくい場所になりますが、鼻ニキビができる理由は、やはり、手で触ったりするなどの刺激が大きいようです。

鼻炎や花粉症などで鼻をよく触る人は、手についた細菌でニキビができる可能性があります。

また、鼻をよくかむ人の場合、テッシュで鼻の皮脂をふき取り過ぎているのも理由として考えられます。

http://ngtkitari.com/